So-net無料ブログ作成
検索選択
メンテナンス(DUKE) ブログトップ

プラグインハイブリッドじゃないけれど [メンテナンス(DUKE)]

長期入院から、ひさしぶりに手元に戻ってきた

KTM 125 DUKE

戻ってくる頃には、新しい200 DUKEまでもが発売開始。

これだけちょこまかクルクル回り込むバイクで、高速道路は走りたくないなぁ

原付2種の125 DUKEで自分としては充分なんだけど。



        ☆



そんな戻ってきたDUKEに、売却したDjebelから移植予定で放置してあった

バッテリー充電器接続ケーブルを、取り付けたよ。


そもそも冬季のバッテリー上がり予防に…

と思っていたはずが、入院が長期に渡ったおかげでそろそろ春。

それでも来期まで放置しとくと、ケーブルを紛失しそうなので

ちゃっちゃと付けちゃうよ。



作業は至って簡単。

まずはキーでタンデムシートを外そう。



DUKE batt01.jpg


車載工具も邪魔だからとりあえず出しておこうね。

で、このまま作業しようかと思ったけど、バッテリー端子周りが煩いので

シートを外しちゃおう。

ボルト2本抜くだけだし。



DUKE batt02.jpg



で、前後のシートを外すとこんな感じ。



DUKE batt03.jpg


左の「OK」ってシールの貼ってあるとこが燃料タンク。

その右の四角い箱がエアクリーナーボックス

そしてバッテリー。


投入するケーブルはこれ。



DUKE batt04.jpg


バッテリーの+-それぞれの端子に繋ぐだけだから、

作業中のショートにだけ気をつければ、実に簡単だよ。

ただ問題はコネクタをどこに出しておくかだね。


あまりブラブラさせとくのも、みっともないし危険。

かといって使いにくいとこに付いてたら、本末転倒。

で、ココにタイラップで固定。


DUKE batt05.jpg


そして使わない時はこうして軽く押し込んでおけばいい。


DUKE batt06.jpg


あまりケーブルに余裕を持たせて出しておくと、

サイレンサーに触れて解けちゃうよ。

あ、リヤダンパーユニットの白いコイルの左斜め下の

つや消し黒の物体がサイレンサーだよ。

当然だけどかなり熱くなる。



バッテリー側もそれぞれの端子に共締め。


DUKE batt07.jpg


余ったケーブルもタイラップでまとめて隙間に収納

正常に充電出来るか確認したら終了。


DUKE batt08.jpg


15分くらいで終わっちゃったから、もうじきナラシも終わりそうなので

シフトライトの設定も変えておこうかな。


KTM 125 DUKEには、回転数を任意設定できる

高級SSのようなシフトインジケーターライトがついているのですよ。



そもそもシフトインジケーターライトって何?って人へ。

シフトインジケーターライトってのは、しっかりタコメーターを見ていなくても

メーターパネルの目立つところで

(125DUKEの場合、メーター液晶表示の上にある、5つのランプの真ん中)

点滅~点灯することにより、オーバーレブしないように

シフトアップを促すサイン。



ナラシの間は、上限7500rpmだったので

点滅を始める回転数(DUKEのメーター表示だとRPM1)を6000rpmに。

点滅から点灯に変わる回転数(DUKEのメーター表示だとRPM2)を7000rpmにしておいた。

それをRPM1は


DUKE reb01.jpg


に、変更。

RPM2は


DUKE reb02.jpg


へ。

なかなかDUKEったら125ccの原付2種のくせして、無駄に凝ったことやってるっしょ?



けどKTMに言いたいのは、そんなとこに凝る以前に

水漏れしない車体を作れってことだ(笑)
メンテナンス(DUKE) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。