So-net無料ブログ作成
検索選択

平日温泉ツーリング部 活動報告〜白骨温泉 [ツーリング(R1200RT)]

、いうわけで…突然発足した

『平日温泉ツーリング部』

過去にも平日ソロツーでは、いくつか温泉を訪ねているのだが

どこへ行ってもやはり平日の方が貸切に近く、

気楽に入っていられる。

気楽だけど、時々は貸切一人ぼっちじゃ寂しくなるんだな。




梅雨入り間近な5月27日、急遽白骨温泉を目指すことに。


集合場所は、土岐のどんぶり会館。

通勤ラッシュにひっかかっちゃたので、いつもより30分位余分にかかってしまった。

集合時間の8時を10分位過ぎる遅刻…お待たせしてゴメンナサイ。


本日の参加者

すうちゃ師匠+タンデマー  BMW R1200RT(青)

当方  BMW R1200RT(白)

どんぶり会館を出発し、ひたすらK66を快走してR19へ。


R19もそこそこ流れが良かったので、ひたすら走って最初の休憩は

道の駅 木曽福島



001.jpg




またしばらくR19を走って、やぶはら高原スキー場方面へ左折。

道なりでK26に出られるこのルートは、快走ショートカットだよ。

退屈なR19よりは、ずっと変化に富んでいて面白い♪



K26にぶち当たったら左折。ひたすら奈川方面へ。

奈川集落から、上高地乗鞍スーパー林道(もう何年か前から無料)を使うと

乗鞍高原へアクセスが面白いのだが、残念ながらまだ通り抜けは出来ないみたいだ。



002.jpg



当方は無料化されてから、ZZRで一度だけ通りぬけたことがある。

前半は森の中のいかにも林道なんだけど、峠を越えてから

乗鞍高原側の後半はかなり景色が良い♪

白樺峠までは上がれるみたいだから、白樺峠からの

乗鞍はじめ北アルプスの絶景が見たい人は、峠までのピストンも良いかも。


我々はそこまで時間は無いので、奈川渡ダム経由で乗鞍高原を目指す。

乗鞍高原へと上がってくると、正面にドーーーンと乗鞍岳が。



003.jpg



やっぱ冠雪してるアルプスはかっこいいねー!

さて、昼飯にしましょうかね。



004.jpg





005.jpg



はじめはこのテラス席で…と思っていたけど

曇りがちだった空から、陽が射してきたら暑い!

乗鞍高原だというのに!

まだ5月だと言うのに!


屋内から乗鞍と、自分たちのカッコイイバイクを眺めながら(笑)

食べることにする。

当方は

『山賊バーガーセット』 ¥1000



006.jpg



ちょっと高いな…とは思ったけど

美味しかったし、想像以上にボリュームがあった。

見ての通り、バンズも中身もちょっと変わっている。



べ終わったら、温泉ツーリング部の目的地、白骨温泉までの残り少しの距離を走る。

このルートも、正確には先ほど通行止めだったと書いた

上高地乗鞍スーパー林道の一部(B線)。

白骨温泉から先がたしかC線(…だったかな?)。

C線ももうずっと長いこと通行止め。

無料化されたから、道路補修費用が捻出できないのかな?


乗鞍高原から10分ほどで白骨温泉 泡の湯到着!



007.jpg



008.jpg




こちらは日帰り湯をいただく場合は、砂利の駐車場なのだが

そちらへのアプローチ路が、砂利の急傾斜路なのでバイクは要注意だよ。



009.jpg




日帰り入浴料¥800を払い、広大な露天風呂へ。


(道路からこんな感じで見える)



010.jpg




露天風呂は『混浴』なんだけど、青白いお湯のおかげで

身体のラインは解らないから、恥ずかしがり屋さんでも大丈夫だね。

しかもいつの間にやら、女性はタオル巻き入浴OKになってた。

そのせいか、もともと高かった女性比率が上がった気がする。


の~んびりのんびりと3人で喋りながら、結局1時間くらい浸かってた。

お湯がかなりぬるめなので、そうやってずっと浸かっていられるのも良いところかも。

硫黄臭はかなり強めなので、帰宅してもまだ自分から硫黄のかほりがしてた。


すっかり寛いだところで、帰りはどんなルートで楽しみましょうかね?

ってことで、とりあえずK26寄合渡まで来た道を戻り、

野麦峠越えをすることに。


実に気持ちよーくクネクネしてきたんだけど、R361に近いところまで下ってきたところで

ヘアピンに、ことごとく大量の砂がまき散らかしてあるところあり。

凍結時の滑り止めに撒いたものだろうか?

バイクにとっては危険極まりない。

暗い時間に知らずに突っ込んだら、バイクなら確実に転倒してるだろう。

激おこプンプン丸である(笑)


実際1箇所、たぶんバイクが転倒したであろう痕跡があり

生々しいオイル跡が、はっきり残っているところがあった。



R361〜K435〜鈴蘭スカイライン経由で道の駅 南飛騨小坂へ。



011.jpg





みだらな…


012.jpg



ここからは、このルート、ちょうど1ヶ月前に走ってるなぁ…

と、思いながらR41対岸を突っ走り、平成こぶし街道 道の駅 平成で最後の休憩。


白骨を出た時間からすると、この明るい時間にここにいるってことは…

はい、そこー!速度を計算しなくていいですよーっ!(笑)


013.jpg




イチゴソフトうまし♪



014.jpg




では、お疲れ様でした!

本日の温泉部の部活動は終了!

解散!



015.jpg





帰り道に自宅近くで給油して18:15帰宅。

走行距離はちょうど400km。

燃費はおよそ22km/Lだった。





016.jpg



よろしければバナーをポチッとしてもらえると、うれしいです(笑)



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ




…え?次は塩沢温泉?マジっすか?(笑)
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

BMOJ東海ラリー2013inダイナランド [ドライブ]

ぎりぎりまで、バイクで行こうか迷ったイベントだったけど

たまには相乗りで車で行くのも悪くないな…

ってことでBMWはBMWでもバイクの方のイベントなのに

BMW 320iにて参加。



RTand320.jpg





メンバーは


ちえのわさん

すうちゃさん

Aやこさん

どん(運転手)



10時前には会場入りして、抽選券購入。

その後、早めの昼食を済ますために

白鳥方面へ少し戻って

『みのばんば』へ。


001.jpg




ここ、月曜休みだからこういったときでもない限り

当方はこれないのだよ。

モーニングだけで足りなかたので、単品でシュークリーム追加。

ここのシュークリームは、うんまぁいよ!オススメ



その後、昼前には会場に戻る。



002.jpg




だいぶ集まってきたね~

けど例年に比べると、天気のせいか少ない気がするね。



003.jpg





バイクのイベントだから、車はこの区画に入っちゃダメって言われるかと思ってたけど

ちゃんと入れてもらえたよ。


004.jpg




隅っこで、それも1台だけだけど(笑)

それでも他の車と違って、こちらに入れてもらえたのはBMWだからなのかな?




お!ブログ仲間の

take&ayumiさんも来てるじゃん!



005.jpg





どこに居るのかなぁ~?




なかなかステキなマップを貼り付けたマシンも。



006.jpg



この手作り感(手書き感?)がステキすぎて

思わず写真を撮ってしまった…




そしてこちらのK1600GTLの無線用アンテナ…



007.jpg



まるでツタ系の植物のようだな…





会場ではtake&ayumiさん(BMWmotorradのブログでは超人気ブログの執筆者さん。)

と同じテーブルで、共に抽選結果を待つ。



008.jpg




写真はまだ抽選前の、BMW公認インストラクターの山田純さんのありがたーいお話中。



抽選会では…


当方、今年も手ぶらで帰宅…orz


どうもこのイベントの抽選会とは、相性が悪いとしか思えない(笑)




ちょうど集合写真も撮り終わり、解散~ってなった頃から

時折空からポツポツと…



我々は車だから、どうってこと無いけれど、

バイク参加の皆さんは大丈夫かな?

本降りになる前に帰宅できてるといいんだけど…



と、言うわけで我々は慌てて帰るほどでもないので

せせらぎ街道に入り、『カフェ アグスタ』をめざす。



009.jpg



この頃には雨は本降りに。

天気予報はたいしたもんだ。



010.jpg




あぁ…手ブレしまくり…


お腹が空いていたので、

当方は明宝ハムピザと、アイスコーヒー。



011.jpg


これまた うんまぁ♪だったよ。


カフェアグスタを15:50頃に出て、帰宅は17:30頃。

相乗りのお三方、おつかれさまでした~

それでもまぁ、たまにはこういうのも楽しいもんだね。

「たまに」でいいけど(笑)




ょっとRTを動かさない期間が長くなったな。

本当は今日のイベントで、ソコソコ距離を走る予定だったのに…

というわけで、この翌日に近所お散歩ツーリングに出掛けたのであった。

それについてはまた後日。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

やまびこロード経由 北濃転車台行き [ツーリング(GSX-R750)]

回の記事の『ラーメンツーリング』の翌日(5/13)に走った

ソロツーについても、ちょこっと記録を残しておこう。


前日、寝た時間が遅かったため起床時間も遅かった。

こうなると長距離走ろうという気持ちは萎えてしまう…

連休ならば少々無茶してもいいと思えるんだけど、

翌日が仕事の1日だけの休日だと、

無理すると翌週がキツイお歳になってきたのさ(涙)


で、この日はまずやまびこロードを走りたいぞ!…と。

GSX-R750に、ちょっと小細工して動画を撮れるようにしてみたので

そのテストをしてみたかったこともある。



動画そのものは、アングルはいまひとつだが、撮れていた。

やまびこロード、全線収録!

目の前を横切る、謎の動物もあり(笑)


大人の事情により、Webにはアップできないけど…(汗)



惜しむらくは、やまびこロードに入る前に、R156で開催していた

仕事熱心な公務員さん主催のサイン会を、撮り損ねたことかな?(笑)

ツーマプ中部北陸版 P59 L4とL5の境のあたりのR156、南向きは要注意だよ。





まびこロードで、ひるがのまで抜けたら

一旦R156を白鳥方面へ向かう。


『走り』

観光

『味』

『未踏、未訪、未走行』

『珍スポット』


は、ときめくソロツーリングのエッセンスだね。

これらのうち、最低ふたつは入れたい。



今回まず、『走り』をやまびこロードで堪能したので

次は『観光』に、こんなとこを訪れてみた。


001.jpg



ちなみに当方、目の前のR156はよく通ってるのに ここは『未訪』でもある。


002.jpg



長良川鉄道(旧越美南線)の終点となっている。


003.jpg



どちらかと言うと当方は、鉄分足りない方なので

くわしい事は、Webなどで検索していただきたいが

ここには転車台と言うものが残されている。



004.jpg



005.jpg


黄色いレバーを掴んで、人力で機関車の向きを換えていたみたいだね。


007.jpg


実際持ってみると、この黄色いレバーを持ち上げるだけでも

ソコソコ重量感があるよ。




の日は自宅を出た時間が遅かったこともあり

『観光』をしてたら、とうに昼を過ぎてしまっていた。


けどこのときはそんなことはすっかり忘れて、

『未走行』のルートを目指すことにする。



R156を再度ひるがの方面へ。

K314へ左折。

このルート、ウイングヒルズ白鳥リゾートまでは、何度かスキーに行ったことはあるが

それより先は、夏場でも通行止めで走れなかったことしかなかった。


どうやら現在は通行できるようなので、通り抜けてみようじゃないの。

ウイングヒルズを通過、いとしろシャーロットタウンも通過するとこんなとこに。


009.jpg


ここからはK127。


010.jpg


かつて通過を試みたときは、このK127が途中で通行止めになっており

泣く泣く来た道を折り返して帰ったのだった…

初めて通る道はときめくね♪


011.jpg




それがたいした景色ではなくても、ウキウキしてくるのはなぜだろうか?



012.jpg



無事にR158へと通り抜け完了!

通り抜けた近くにある道の駅 九頭竜。


013.jpg


恐竜の親子が、15分毎にギャース!ギャース!と泣きわめく事で有名(?)


014.jpg


少し休憩したら、R158~K52~K61。

道の駅 美並で休憩。

あとはタラタラ走って16:20頃帰宅。

この日の走行距離 246km


あ、昼飯食うの忘れてた!


008.jpg



よろしければバナーをポチッとしてもらえると、うれしいです(笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

第19回 ラーメンツーリング [ツーリング(GSX-R750)]

5月12日 日曜日の夜

集合場所は、いつもと違うこんなとこ。



01.jpg




ライコランド小牧店(の、だいぶナナメ)前。


今回、ラーツーとしては久しぶりの大所帯。



すうちゃ師匠&タンデマー  ヤマハ セロー225

付き人Tさん  ホンダ PCX125

seisaku1000さん  カワサキ スーパーシェルパ

Aさいさん  カワサキ ZZR-1400

カイヤさん&TUKUSHIさん  ヤマハ アクシス

KOHDAIさん  スズキ アドレスV125G

ちえのわさん  ヤマハ WR125

たんたん  スズキ GSX-R750


の、8台10名。




かったのは、前回行ったものの、土曜日の夜なのになぜか休業していたというココ。


『爆王』



02.jpg




今回はあらかじめ電話して、営業していることを確認済み。


注文は先に食券購入してからという、食い逃げできない方式(食い逃げしないけど)。




03.jpg




はじめは写真の『誤爆』にしようかと思ったけど

ボタン押す時点で急に怖気づいて、

左隣の辛いけど普通に辛い方にしておいた。


…結果としてはこれで正解だったヨ…


こんなのキタ♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ♪



04.jpg



麺の量に関しては、大盛り(300g)にしても

同じ価格と言うことで、迷うことなく大盛りに(笑)



はじめは、見た目ほど辛くないなぁ~と思ったが

食べ進めるにしたがって、ジワァ~っと辛さが口の中全体に。

しかも大盛りの麺が、食べ進めても全然減っていく感じがしない(汗)


完食する頃には、口の中が辛さで痺れて、味わかんない。

これ、どんなバツゲーム???(笑)



チャーシューは、炙った香ばしさがとてもいい♪

また食べてみたいラーメンだと言えるけど、次は普通の味噌味で、量も普通盛りにしておこう(笑)





マケ


Aさい君のZZRから覗くウシさん。



05.jpg




この顔の覗かせ方は、反則だよなーっ!!

愛おしさすらおぼえる(笑)


結局はTUKUSHIさんとこへとドナドナされていったとさ~


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

SHOEI GT-Air インプレッション [Goods]

緒にマスツーリングに出掛けた仲間や、

ブログにアップした写真をじっくりご覧になられた方には

気付かれてる方もあるかと思うが、

先月よりヘルメットを新調して

『SHOEI GT-Air』

に変わっている。



gtair-03.jpg




モーターサイクルショーに出品されていた記事を

いろんな雑誌やWebの記事で見るにつけ

「これはきっと、現在の自分の使い方に合ってる!」

と思い期待して待っていたのだ。


6月にはグラフィックモデルも国内販売スタートするようだが

すでに海外で販売されていたのをWebで見て、

イマイチパッとしないグラフィックデザインだったのと、

GSX-Rでも使うことを考えて、真っ黒で小柄な車体に

真っ黒なヘルメットでは、あまりに『被視認性』が悪かろう…

ということから、単色のルミナスホワイト(メタリックホワイト)とした。


gtair-04.jpg



黒いつまみがインナーバイザー操作レバー。


ななめ後ろから



gtair-05.jpg




は当方、いままではAraiのヘルメットの方が頭に合ってる気がして

ずっと使ってきたし、Araiのヘルメットには特に不満は無かったのだが

今回このGT-Airを使い始めてみて、自分の井の中の蛙ぶりに気付いた。



当方が購入時点でWebでは4諭吉弱の金額。

決して安価ではない。

店頭でよく似た機能を持つのに、ずっと安価な

OGK KABUTOのカムイと比べてみたが

インナーバイザーの動きとか、シールドの剛性感などに

やはり価格なりの差を感じた。

GT-Airだと、ピンロックシートが標準装備なこともポイント高し。。




このGT-Air、見た目の第一印象は、帽体がでっかい!

後頭部に突起があったりするから余計そう見えるのかも。

ただし持ってみた感じは、通常のフルフェイスと変わらない感じがする。






て、最大の特徴でありかつ、ウリでもあるだろうインナーバイザーについて。

外から見るほど内側からの視界は真っ黒ではないが

ここんとこ急に強くなってきた陽射しを和らげるには充分。

残念に思うのは、インナーバイザーの出し入れの方向と

つまみの操作方向が感覚的に逆であると言うこと。


つまみを上げるとバイザーが降りてきて、

下げるとバイザーが上がるというのは

構造上仕方がないのだろうけど、慣れるまではついつい反対に操作してしまう。



マイクロラチェット式チンストラップは、想像以上にとても使いやすく

これを使い始めたら、通常のDカン方式がまどろっこしく感じる。

自分はよく、グローブまで装着してしまってから

あご紐を装着し忘れたことに気がつくオッチョコチョイなので

グローブをした状態でも、キャッチもリリースも簡単に出来るこの構造は

非常にありがたい。


ヘルメットホルダーに装着するために、一応Dカンも

シングルで装着されているが、このDカンは小さめなので

ヘルメットホルダーへの装着は、お世辞にも楽だとは言えない。



これら特徴については、メーカーのサイトも参照いただくと良いかも。

【メーカーサイト】

http://jp.shoei.com/products/ja/helmet_detail.php?id=454




先ほど見かけが大きく見えると書いたが、実際の重量がどのくらいあるか

自宅のヘルスメーターで計ってみた。

ただこのヘルスメーター、刻みが200g単位なのでかなりアバウト(汗)



ここでは当方所有ヘルメットの中から、特に最近使用頻度の高かった

Arai MZ (ジェットヘルメット)

Arai RX-7 RR5 (フルフェイス)

も同条件で計ってみた。

ちなみにそれぞれ、KTELのインカムマイクとスピーカーが仕込んである。

上の写真ではまだ組み込んでなかったが、GT-Airにも

重量計測時にはインカムマイクとスピーカーを仕込み済み。



『GT Air』


gtair-01.jpg



gtair-02.jpg





『MZ』



mz-01.jpg



mz-02.jpg





『RX-7 RR5』



rr5-01.jpg



rr5-02.jpg




こうしてみると、ジェットヘルメットの軽さが際立つが

フルフェイスヘルメット同士で比べたら、実際装着したときに

体感できるほどの重量差は、ほぼ無いと言ってよいかもしれない。




並べてみると、あらためてAraiのヘルメットってコンパクトだな…って思う。

ただ走り始めたときの、ヘルメット内の静かさ。

以下のMotoBasicさんとこの動画でもレポートされてるが

これだけは、圧倒的に

「SHOEIさん!良い仕事したね!!!」

と、使い比べた自分が自信持って言える。

これまでの速度感覚が狂いそうなほどの静粛性…と言ったら言い過ぎか?

すばらしい!


【Moto Basic】

http://motobasic.com/modules/movie/index.php?content_id=308




それゆえに、KTELのインカムつけたら、

その風切り音がやたら目立つようになったので

GT-Airからは、取り付けたインカムキットを結局外してしまった。

それくらい元々の帽体の風切り音が少ないのだ。



あと、これはあまり期待していなかっただけに

嬉しい誤算だったのが、換気性能。

換気を良くしようと思って、ダクト類が増えるとどうしても

風切り音の面で不利になるのだろう。

実際RX7-RR5では、高速走行時に少し首を捻ると

途端にダクトが「ピョォ~♪」と

ありがたくない音色を奏でてしまう(笑)



GT-Airにはダクトがとても少ない。

が、この少ないダクトがとても良い仕事をしている。


ダクトが良いというよりは、帽体内の通風チャネルが良いのか?

ただ帽体に、導風口を開けてあるだけでなく

そこから帽体内に落ちてきたエアを、発泡ウレタンのチャネルで流し

その先の着脱インナーにはちゃんと穴があけてあり

せっかく入ってきたエアを、インナーで遮らずに

ちゃんと頭皮に向かって当てる設計になっている。



今週の月曜日、ほとんど休憩取らずに走り回ったのだが

頭のどこか痛くなるポイントも無く、快適だった。



今回はRR5がかなりくたびれてきたこともあって、

フルフェイスのGT-Airを選んだのが、こんなに良い感じならば

ジェットのMZがくたびれたら、インナーバイザーの仕込まれた

SHOEI J-Cruiseも候補に入れておこうと思った。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ



nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

たんたんクエスト~そして伝説へ・・・ [ツーリング(GSX-R750)]

回のつづき。

勇者クシタニマンとたんたんの冒険もいよいよ佳境に。


海津大崎琵琶湖沿岸路を走り、奥琵琶湖パークウェイへ。



そして、我々は魔物の巣窟へと向かうのであった。

モチベーションだだ下がり感抜群のウサギに迎えられる。



031.jpg




とぼけたペンギンがあらわれた!



032.jpg




→たたかう

 にげる


つうこんのいちげき!


032b.jpg




たんたん は しんでしまった。


クシタニマンは うっかりして ラリホーのじゅもんをとなえてしまった!


たんたん は しんだようにねむっている。




【イケメンシロクマ】

―おお たんたん!しんでしまうとはなにごとだ。



033.jpg





イケメンシロクマはザオリクのじゅもんをとなえた!

たんたん は いきかえった!






ごくあくパンダ が あらわれた!


 たたかう

 にげる

→じゅもん



たんたんはパルプンテのじゅもんをとなえた!

ごくあくパンダは シェーのしせいで かたまった。


034.jpg


…でじゃびゅーって言うな(笑)





そうこうしているうちに、いよいよボスキャラ登場!


いいかげんにしなサイ が あらわれた!

いいかげんにしなサイ は とつぜん おそってきた!

クシタニマン つうこんのいちげき!



035.jpg



クシタニマン は しんでしまった。


 たたかう

→にげる


たんたん と クシタニマンは にげだした。




クシタニマンを、よみがえらせてもらうために

クシタニマンの柩と共に、傷心のたんたんはこちらへ。


つるや製パン


036.jpg




【店の人】

…しょうじきに いっても かまいませんわ。

ぱふぱふ したいのでしょう?



ちがーう!


いつもサラダパンばかりなので、今回は

『いちごぱふぱふ苺』

…ぢゃなくて!!!

『いちごつぶつぶ苺』

という、ちょっとしつこくイチゴを売りにしたパンを購入。



037.jpg




店の前でいただくと、クシタニマンも復活!

ボスキャラをやっつけていないので、

冒険伝説はまだ続くのである(…いや、たぶんない)



ここからはR303経由で2時間ほどの快走の後帰宅。

走行距離 367km

オール下道で、前傾姿勢のSSでこれだけ走るとさすがに疲れるねー

R1200RTならば、どぉってことない距離なのにね♪



今回のツーレポは、わかる人にしかわからない

中途半端な、ドラクエネタで展開してしまって

訳わかんない方には、解りにくくてスミマセン…

次回からは通常のツーレポに戻るよ。


おつきあいいただき ありがとうございます!


038.jpg



―おお ふるき いいつたえの ゆうしゃのしそんたちに ひかりあれ!


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

たんたんクエスト~悪霊の神々 [ツーリング(GSX-R750)]

前回のつづき。

クシタニマン(変身前は"すうちゃ")が仲間に加わり、

レベルアップも果たした 勇者たんたん。

冒険の次の目的地へと向かう。



021.jpg





たどり着いたところはここ。



022.jpg





特別立派な滝があるわけではないが

銘水なんだそうだ。


023.jpg





クシタニマンとともに、まさに我々の心の中のように

澄み切った天然水を口に含み、鋭気を養う。



024.jpg






しゃきーーーん!(`・ω・´)





駐車場へ戻る途中、土産物屋さんに立ち寄る。


―まものよけの くずまんじゅう は いかがでしょう?

―ひとぱっく 200えん ですが。



025.jpg





ううむ♪美味しそう♪

1パックいただく事にしよう。



→かう

 にげる



―ありがとうございます。 

―もう ひとぱっく かわれますか?



→かう

 にげる



―おかねがたりません。




…だったら聞くなー!(笑)




―かみの ごかごが ありますように。



さすがは銘水でつくった葛饅頭。

銘水で出来ていようが水道水だろうが

自分ごときには解らない(笑)




さぁ、旅を続けよう!




026.jpg




R27~R303~R367とつなぐのだが

R303からR367へは、あえて水坂峠を越えてみる。

これは旧道なんだろうか?

クシタニマンのナビは、このルートを検索したらしい。


で、朽木の宝牧場に到着。


マップルにも人気と書いてあるソフトクリーム食っとこ♪


027.jpg




―へんなうし が あらわれた。

―へんなうし は ソフトクリームを ほしがっている。




028.jpg



 
 ソフトクリームをあげる

 たたかう

→にげる



たんたんたちは にげだした。

しかしまわりこまれてしまった。



029.jpg





 ソフトクリームをあげる

→たたかう

 にげる



029b.jpg


撮影:クシタニマン




…あいてにしてもらえなかった(笑)




美味しいソフトを食べた、クシタニマンとどん。

ここから琵琶湖大橋へ回るか、R367~R303で帰路につくか悩んだ末、後者を選択。

R303からR161へは、K534でショートカットが吉。

このK534、面白い道ではないけれど良道。


しかしこの先、とんでもない敵に

我々は苦戦を強いられるのであった…


つづく…

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ


030.jpg

nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

たんたんクエスト~導かれし者たち [ツーリング(GSX-R750)]

土蔵鉱山の廃墟を後に

木之本方面へとバイクを進める。


先月家族で来た時には満開だった

海津大崎の桜並木は、すっかり葉桜だ。


011.jpg





木蔭に入り、まるで海のような琵琶湖を眺める。


012.jpg





竹生島もよく見える。


013.jpg




ここからいくつか狭いトンネルを抜けると

大崎寺(大崎観音)到着。



015.jpg






014.jpg






ザッザッザッ…


でかちょうちんが あらわれた。


016.jpg




【でかちょうちん】

「はるばる おおさきかんのん に よくぞきた

 もしも わしを たのしませてくれるなら

 ほうびをとらせよう どうじゃ。」





→はい

 いいえ





【でかちょうちん】

「ならばこの あみだどうまで すすむがよい。」


017.jpg




―あづちの ちてんじょう が あらわれた!

―けんがくしますか?




→はい

 いいえ




あみだどうのとびらには かぎがかかっていた!

どんは こころに だめーじをおった。


【いぬ】

「わん わん わん」


018.jpg




【村人】

「たびのひとよ もうすこし やまおくにいくと

 うつくしい なみきみち が あるそうな。 そこで いやされよ。

 トロの子孫 たんたんに ひかりあれ。」





【いぬ】

「わん わん わん」




ザッザッザッ…






村人の言う、癒しの並木道をめざす。

海津大崎からはそんなに遠くはない。



新緑が美しかったから、あえて逆光で

若葉を透かして撮ろう♪


019.jpg




順光で撮るよりも、若葉が生き生きしてみえるだろ?





わかばからエネルギーをもらった、

伝説の勇者トロの血を引きし たんたん。

若狭街道R303を道の駅 若狭熊川宿めざして走る。



道の駅 若狭熊川宿到着。




ザッザッザッ…



020.jpg




―クシタニマンがあらわれた!

―どうしますか?


 たたかう

 ぱふぱふする

→あそぶ

 ハグする

 にげる



―クシタニマンは なかまに なりたそうに こちらをみている!

―クシタニマンが なかまにくわわった!


ちゃらららっちゃっちゃっちゃー♪

―たんたんのレベルが ひとつあがった!




ザッザッザッ…



と、いうわけでここからは、

クシタニマンとともに走ることになるのだった。


つづく…


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

土蔵鉱山跡を訪ねる~廃墟探訪 [ツーリング(GSX-R750)]

前より訪ねてみたかったのだが、冬は雪深い場所だし

そのためだけに行くのもなぁ~

ってなことで今回その他諸々の、訪ねたいが

それだけのためには…ってな場所を

一気に訪れてみる旅『奥近江編』

なのであーる。





つもながらの、市街地を避けるルートで

岐阜市北部~谷汲~藤橋方面へと抜ける。

退屈なR21を使うよりずっと速くてかつ、

名神高速~北陸道を使うよりも、時間はかかるが楽しいルート♪


このルートで一気に走れば、下道のみでも

当方居住地から滋賀県の木之本まで2時間弱。

今回立ち寄った『土蔵鉱山跡』はその快走ルート

R303から少し脇に逸れたところに存在する。




かつてはいわゆる酷道であったR303も、八草トンネルが開通したことにより

落石だらけ、離合は至難の業であった八草峠を越える必要が無くなり

『酷道』から一気に『快走路』へと大躍進。

下の写真はその快走R303から土蔵鉱山跡へ向かう脇道に入るところ。


001.jpg




左の白破線センターライン有りの道がR303。

八草トンネルを滋賀県方面へ抜けて2kmほど下ってきたところだ。


写真は戻ってきたときに撮ったので、バイクの向きが反対だが

この脇道を写真奥の方へ進む。


するとこんな看板アリ。


002.jpg





この先、鉱山跡方面への路面は完全にダートになる。



003.jpg





ただのダートなら行ってしまえと思ったが

少し歩いて下見に行ったら、一部ヌルヌルヌタヌタの

泥んこダートがあったので、そのまま歩いていくことにする。




ダート入り口のところで、山登りをするとおぼしきおじさん

挨拶して話しかけたら

「熊とヤマビルには気をつけなさいね。」

と、言われる。

熊に関しては、なるべく物音立てながら進むようにするが

ヤマビルは頭上から落ちてくるからなぁ…

廃墟の中には入らないでおこうかな。


004.jpg



200mほど歩くだけで、目的の鉱山跡が見えてくる。



005.jpg



おーっこれかぁ~

じゃーん!


006.jpg



007.jpg




008.jpg




009.jpg





ひととおり見終わった頃に、下から車の上がってくる気配が。

この日は祝日の振り替え休日(5/6)だったので

他にも自分みたいな廃墟マニアが来るのかな?

と思っていたら、廃墟手前で停車。


男女のカップルで、しかも女性のほうは

廃墟には不釣合いなくらい(?)

ずいぶんと若くてスタイル抜群の美女が出てきたぞ…



と、思ったらおもむろに刺激的な格好に!!!

がびーん!

ナニナニナニ?????

なにかの撮影会?????


肩からカメラ提げてるんで

いらぬ誤解を招いたり、変な言いがかりつけられるのもイヤだから

小心者のワタクシは、そそくさと退散。

ふり返りながらその様子をコッソリ撮った写真がコレ。


010.jpg




肝心の部分は、自粛超モザイク処理!(笑)

まぁ降ってくるヤマビルにはご注意を~ってことで

当方は次の目的地へ向かうのであった。


つづく。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

快走路をフライングゲット [ツーリング(R1200RT)]

前回のつづき…



019.jpg





はぐれてしまった1台と、合流しようにも

連絡もつかなければ、連絡ついたとしても

我々の居場所の説明もつかないからということで

もう少し先にあるコンビニまで進める事にして

さぁ出発!ってときにAさいくんの携帯

はぐれた1台から着信が!



そこでコンビニではなく、権兵衛トンネル手前の

別の合流点を指定。そこへ向かう。


020.jpg




ここで無事合流。

ヨカッタ ヨカッタ♪



どうやら食事のあと、途中離脱して帰途についた

八兵衛さんがついてこないのを心配して

後方を気にしているうちに、前車と千切れてしまい

別のルートに進んで行ってしまったようだ。

それでも無事になんとか合流。

R361にて権兵衛トンネルを越えR19へ。


予定よりここまでだいぶ時間がかかってしまったので

急遽、道の駅 日義木曽駒高原 に立ち寄る。


021.jpg




はぐれる人が出ないように、この先は確実にルートのわかる

カイヤさんと当方が、先頭と最後尾をおさえる事に。



022.jpg



R19(R361共用区間)からR361へ。

開田高原をめざす。

時間が押し気味なこともあり、超快走路を一気に走る。



023.jpg





予定していた開田高原のソフトクリームはパス!


だけど九蔵峠からの御嶽山が美しかったので小休止。




024.jpg




ここからの御嶽山は美しいんだけど、オススメな時間帯は午前中かな。

午後はどうしても逆光になってしまうからね。



025.jpg




小休止のはずが、結構まったり。

再スタートして本来の休憩予定地点の道の駅 飛騨たかね工房へ。



032.jpg




ここでは毎度かならず、愛想のいいおばちゃんが

駐車場の掘立小屋(失礼)で出してくれてる

スジ煮を食べる。¥350。写真は撮り忘れちゃった。

美味しいからこれは絶対オススメ♪



そうこうしてるうちに、今回のルートを逆周りで走ってきて合流予定の

BSR社長とFガッキーさんが、もう合流予定の道の駅 南飛騨小坂に

到着しているとのこと。



待っていてもらうのも忍びないので、鈴蘭スカイラインを快走してもらって

「鈴蘭高原で合流しましょう!」

と連絡。


たかねの道の駅を出るときは、今度はAさいくんが先頭。

なんと言っても本日一番の攻めコース(かもしれない)からね。

その後を当方も途中までは頑張ってついていこうとしたのだが

急勾配の上りに入った途端、さすがにZZR1400の圧倒的なパワーには

ついていけなかった…

浮き砂が多いのが恐かったってのもあるけどねー


それでも気持ちよーく走ってたら、

鈴蘭峠手前で反対車線を見覚えあるバイクが!


「お!社長とFガッキーさんだ!」


鈴蘭峠に到着したとこで、無事の合流を喜ぶ。



027.jpg


028.jpg






BSR社長のZRX1100


029.jpg







FガッキーさんのDUCATI 996


030.jpg




せっかく全員揃った(急用で早退した八兵衛さん以外)ので

霊峰、御嶽山をバックに集合写真を撮ろう!


じゃ、普通に撮っても面白くないから

『フライングゲット』

で、お願いします!



で、撮れたのがこれ(笑)



031.jpg





グダグダだけど…ま、いっか(汗)

鈴蘭峠から、快走路で道の駅 南飛騨小坂へとフリー走行。

最後尾で走ってみたけど、やっぱりBMWの独自の足回りは

下りコーナーでこそ強みを発揮する感じ。

4気筒勢と比べるとボクサーツインでは

どうしても劣ってしまうエンジンパワーの差が出にくいしね(笑)



毎度のことなんだけど、下りコーナーを

恐怖感無くスイスイ曲がるのを体感すると

BMWのバイクっていいなぁ~って思えるよ。



道の駅 南飛騨小坂到着!



034.jpg



はなももが綺麗に咲いていた♪



033.jpg



この時点で時刻は早くも17時。

陽が長くなってきたとはいえ、帰宅する頃には真っ暗になっちゃうよなぁ…

さ、とっとと帰ろう!


035.jpg



小坂でまた2台のバイクがはぐれかけるも、すぐにリカバリ。

退屈なR41を避ける対岸ルートを快走!

下呂まで一気に走り抜ける。


下呂を過ぎてからR41に戻ったが、

これ以降は中津川恵那方面に行く車が居ないからか

流れは比較的良い。



036.jpg




この日は祝日だからか、大型車も少ない気がした。



037.jpg




最終休憩場所(解散場所)として金山の道の駅へ。



038.jpg



写真ではまだだいぶ明るいようだけど、時刻は18:20頃。

あとはそれぞれのルートで、それぞれのペースで帰路へ。

帰り道、ガソリンスタンドに寄って給油して19:30帰宅。


走行距離は361.4km 給油量は17.94Lだったから

燃費は20.14km/l。かなりブンまわして走ったから

まぁそんなもんかな。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



人気ブログランキングへ



次回のマスツーは、たぶん19日のBMOJのイベントの『東海ラリーin高鷲ダイナランド』かな?

ブログ見られてる方でイベントに来られる方は、どうぞお気軽に声かけてくださいね~

ヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ♪



026.jpg
タグ:BMW R1200RT
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。