So-net無料ブログ作成
検索選択

能登ソロツーリング~砂に書いた… [ツーリング(R1200RT)]

10月19日 日曜日

当方にとっては月に一度の日曜定休日。

本来なら10月6~7日にかけて行く予定であった

(台風18号接近により中止)

能登半島、輪島を目指す。









自宅出発は6時半。

東海北陸道 関ICイン。

天候は雲ひとつ無い快晴なのだが、それゆえに冷え込みはキツイ。

ゴアテックスのジャケットに、ダウンインナー、厳冬季用グローブ装備。

RTのグリップヒーター、シートヒーターも今季初めてON。


郡上八幡より奥の山間部は朝霧が発生。

昼夜の温度差の大きさを思い知る。


初めての休憩は、城端SA。

自宅からはおよそ160km。

日曜だからか、比較的車は多い。


トイレだけ済ませたらリスタート。

小矢部砺波JCTにて、東海北陸道から能越道へ 

福岡ICアウト。K75へ。



141019-001.jpg



このK75に到るまでのK276が、

ツーリングマップル中部北陸版(2013)では

K267という表記になっている。

ちょっとだけ

「?????」

ってなりながら走ってた。









まず目指したのは宝達山(ほうだつさん)。

ツーマプによると

”展望最高の山頂直下までバイクで登ることができる”

と、コメントがある。

この、「バイクで」ってとこが重要。

極力歩いて登りたくはないお年頃なのだ(笑)


宝達山山頂近くは、快走路とは言えない様な道が続くが

RTのような重量級バイクでも難しい道ではない。

本当に山頂の三角点(標高637.35m)のすぐ脇まで行けちゃう。


141019-003.jpg




そのすぐ近くにはこんなものも。


141019-002.jpg



スカイツリーってまだ上ったことないけど

こんなに高いんだ~

と思いつつ眺める視線の先は、千里浜の海岸線。


141019-005.jpg




反対に富山方面を眺めると、うっすら朝霧がかかっていて

富山湾と市街地の境がハッキリしない。


141019-004.jpg




さて、千里浜海岸方面へ下りて行こう。

K75を宝達駅方面に走っていたら

B級なカホリがプンプンするものを発見! 寄道即決!ソロツー万歳!(笑)


『モーゼパーク』


141019-006.jpg



なんでもモーゼの十戒の、モーゼさんのお墓があるんだとか。


141019-007.jpg



けど気になったのは、熊出没注意看板。



スマホには『熊よけの鈴』ってアプリを入れてあるんで

起動してチリンチリン鳴らしながら散策。


141019-008.jpg


で…途中でめんどくさくなって引き返す(笑)

折角天気も良いことだし、とっとと今浜へ出て

千里浜なぎさドライブウェ~ぃを走るとしよう。








バイクでココに来るたび、ツーレポには書くのだけど

砂浜手前の浮き砂だらけのアスファルトと

砂浜侵入部分の比較的締まっていない砂の部分だけ注意すれば

重量級バイクでも全く怖いことはないよ。


この日は釣り人が多かったな。



141019-011.jpg




そして停車して写真を撮ったりしたい人に必携なのが

スタンドの下に敷く板。

ボクはこれに穴を開けて紐を通して固定、

もう一方の端には洗濯バサミをつけている。




【盛り付け例】

141019-010.jpg




こうしておくことによって、出発時の回収も楽勝。

あと肝心なことは、この用意した板を"浜に入る前"に

"バイクに跨ったまま"取り出せる場所に格納しておくこと。





さぁ、気持ちいい天気だ♪

ボクサーツインのブルルル-ン♪と心地よい鼓動とともに

砂浜を駆けて行こう。

気持ちよさに浮かれるキモチを、砂浜に刻みつけながら…





141019-009.jpg




砂に書いた

へへへへへへへ…


つづく。

よろしければポチッとしてもらえると、うれしいです( `・∀・´)ノ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。